在宅医療と往診

「在宅医療」を考えるにあたって、「在宅医療」と「往診」との違いを指摘する人もいます。「在宅医療」と「往診」の違いをみていきましょう。

●通院が困難な患者さんの、自宅などに医師や看護士が、訪問して定期的に医療を行なうことを「在宅医療」と言います。

●急な身体の不調などから、臨時的に医師が自宅に訪問することを「往診」と言います。

「在宅医療」は、ある程度、状態の安定した患者さんの自宅での日常生活を支える医療なのです。「在宅医療」の現場を支える人々には、「医療」と「生活を支援」する為の専門領域の知識が必要とされます。在宅医現場の求人には、「医師 求人」「看護士 求人」に加え、様々な求人がみつかりますが、その1つに「ケアマネージャー 求人」などがあげられます。

●ケアマネージャーとは

正式名称を「介護支援専門員」と呼びます。その名の通り、介護保険制度に関連したマネジメントを行なってくれる相談員さんです。在宅医療の現場では、介護が必要である高齢者やご家族からの相談を受け、生活を支援するための助言やサポートを行います。

在宅医療関連の求人には、「医師 求人」「「看護士 求人」に加え、「ケアマネージャー 求人」などが、昨今、多くみつけられますが、その他にはどのような専門家のサポートが必要とされているのでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です