専門医は見た目が〇割?

外科医は長時間の手術をこなしたり、厳しいカンファレンスがあったりと、とても忙しい科です。手術は予定していた時間よりも長くかかることも多いですし、なかなか時間が読めない科のひとつでしょう。そして、外科医は手術という業務の都合上、お昼ご飯を食べる暇もなく、抜いたり、午後3時を過ぎてやっと食べることができるという日がしょっちゅうあります。規則正しい食生活など程遠いくらい、毎日の食事の時間はバラバラです。そして、仕事がやっと終わって夜10時に先輩外科医とたとえば、近所の中華料理屋に一杯飲みに行こう、となることなんかも多いものです。その中華料理屋では、これだけがストレス解消だといわんばかりにガブガブビールを飲み、麻婆豆腐もエビチリも餃子もチャーハンもと何も気にせずにモリモリと食べてしまいます。すると、だいたいみんなのお腹のあたりがぽっちゃりとしてきたりするのです。そのようにしてなんと体型までもが似てきてしまうのです。外科医は土日も緊急手術などで呼び出されることも多いため、遠出がしづらい職業です。ですから趣味を楽しめなかったり、運動する時間を作れず運動不足になることもしばしばで、どんどんとストレスが溜まっていき、ストレス過多に陥ってしまいます。そしてそのストレスは、大酒を飲むことで発散するしかなくなってしまうのです。このような、仕事のサイクルの事情から、外科医は似たような人たちになってしまうのです。他の科の医者も、その科独特の仕事のサイクルというものがあって、だいたいの医者が同じ生活リズムで生活し、同じような体型や、考え方になっていってしまうのです。